印鑑利用マニュアル > 印鑑の歴史

印鑑利用マニュアル

印鑑の歴史

当サイトでは印鑑について様々な情報を掲載しています。まずは、印鑑の歴史から見ていきましょう。
印鑑は、紀元前5000年頃の古代メソポタミアが起源とされています。最初はスタンプ型でしたが、後に円筒形の外周部分に絵や文字を刻み、粘土板の上に転がし押印する形が登場しました。その後、世界各地に広まり影響を与えました。東は中国を経由し日本へ、西ではスタンプ型を受け継ぎ現在に至っています。日本で現存する最古のものは北九州で発見された漢倭奴国王と刻まれた金印です。
倭奴国王が後漢の光武帝より倭国の支配者として授かったものとされており、大変有名です。大化の改新後の律令の制定と共に日本でも使用されるようになったとされています。政府や地方の支配者の公の印として使われ始めました。原則的に私印の製造、使用は禁止されていましたが、平安時代の貴族だった藤原氏の私印が多く発見されていることから、位の高い個人が使用していたことを伺わせています。平安時代後期になると花押が登場します。判とサインの双方の役割を担っていました。花押は公家、領主、武将などが用いたもので、庶民は拇印、爪印などを文書に押していました。
戦国時代では、武将たちが花押ではなく、それぞれ個性にみちた印鑑を用いるようになります。権力と威厳を表現しようとし、各武将の言葉が刻まれています。江戸時代には行政上の書類のほか私文書にも印を押すようになります。明治時代になって、公の印はすべて法律の規定に従って管理、使用されることになり、個人の印は印鑑登録制度が導入され現在に至っています。印鑑が正式に市民権を得た日として、10月1日が印章の日となりました。